あなたのスノーボードライフをもっと有意義に過ごせるお助けサイト

>

スノーボードに必要不可欠なアイテム

スノーボードの名称

スノーボードに欠かせない、ボードの各用具に関する名称について解説していきます。

ボードにブーツを装着するバインディングは、ボードにビスで固定されています。
ボードの進行方向の部分をノーズ(あるいはトップ)、後ろ側はテールと呼ばれます。

スノーボードは一枚のいたを使って滑るものですが、各部位ごとに呼称が設けられており、動作を練習する際の一つの目安として用いられています。

難しいようですが、用具の名称を覚えることで実際に走る際に役立ちます。
前もって用語や用具の名称については勉強しておきましょう。

ビギナーにとってhア覚えることが多く大変かもしれませんが、一度覚えてしまえば普通に会話で利用できますので心配はいりません。

ブーツの名称

基本的にはスノーボードブーツを着用しますが、スノーボードブーツにもいろいろな名称がついた部品がついています。
その部品の名称について解説していきます。

まず最初にブーツはリーシュと呼ばれるヒモやワイヤーなどで締めますが、スネ部分にはタンというパーツがあります。
またブーツにはヒモの締め方に違いがあります。
ダイヤルでワイヤーを締める「BOAタイプ」やシューレースと呼ばれるヒモを引いて締めるスピードシューレースタイプです。

ブーツにも様々な種類があるので、自分にフィットするブーツを選ぶことが大事です。
履きやすさ、脱ぎやすさ、履き心地を考えて試着し自分に合ったものを選びましょう。
もしレンタルされる場合も同様に、サイズ感だけではなく履き心地の良いものをレンタルしましょう。


この記事をシェアする